てすと

てすてす
[PR]
# by fiah | 2013-03-19 12:14

Xcode Class Prefix

Project 作成時に設定するデフォルトの class prefix

後で変更する場合は
Project > 右メニューの Project Document > Class Prefix
で変更できるっぽい。

この項目自体あまり意味ないっぽいけど。

http://stackoverflow.com/questions/8069361/how-to-change-the-class-prefix-in-xcode-4
[PR]

UIDatePicker locale deprecated

iOS 5.0 で UIDatePicker の setLocale が使えなくなるので

UIDatePicker *picker = [[[UIDatePicker alloc] init] autorelease];
//picker.locale = [[[NSLocale alloc] initWithLocaleIdentifier:@"ja_JP"] autorelease];
NSLocale *locale = [[[NSLocale alloc] initWithLocaleIdentifier:@"ja_JP"] autorelease];
NSCalendar *calendar = [NSCalendar currentCalendar];
[calendar setLocale:locale];
[picker setCalendar:calendar];

http://stackoverflow.com/questions/8939943/iphonedatepicker-dd-mm-yyyy
[PR]

Classic ASP on error resume next

Classic ASP のエラー処理について(今更)

on error resume next

response.write 1/0
response.write "a"
↑の場合、
on error resume next がないと 1/0(0割り) でこけて終了
ある場合は 1/0 のエラーがスルーされて、"a" が 出力される。
これはまあ当たり前。

sub func()
  on error resume next

  response.write 1/0
  response.write "b"
end sub

call func()
response.write "a"
↑の場合、
同様にon error resume next がないと 1/0(0割り) でこけて終了
ある場合は 1/0 のエラーがスルーされて、"b","a" が 出力される。
出力 >> ba
まあ普通。だけど呼び出し元で特にエラーをcatchしなくてもよいのが気持ち悪い。

on error resume next

sub func()
  
  response.write 1/0
  response.write "b"
end sub

call func()
response.write "a"
↑の場合、1/0 でこけてfuncが途中で終了。エラーが呼び出し元へスルー
その後 "a" が出力される。
出力 >> a
よくよく考えればそう、という感じ。

on error resume next

sub subfunc()
  response.write 1/0
  response.write "c"
end sub

sub func()
  call subfunc()
  response.write "b"
end sub

call func()
response.write "a"
↑の場合、1/0 でこけてエラーがmainの処理まで一気にスルーされて、"a"が出力される。
"b"も"c"もすっとばされる。
出力 >> a


ということで、エラーが発生した場合、
同じスコープにon error resume next が無い場合は途中で処理が終了し呼び出し元にエラーがスルーされる。(呼び出し元に on error resume next が無い場合はこけて終了)
同じスコープにon error resume next がある場合は処理を継続し、さらに呼び出し元にエラーがスルーされる。(呼び出し元に on error resume next が無くてもこけない)

ややこしい・・・。
[PR]
# by fiah | 2012-08-28 15:05

管理共有

同じネットワークの別のPCに
\\computer_name\d$
で何気なくアクセスしてたけど、管理共有というものが有効になっているから可能らしい。

[コンピューターの管理]-[共有フォルダ]-[共有]
で D$ を追加。

http://www.masahiko.info/it/archives/000827.html
[PR]
# by fiah | 2012-08-28 12:41 | Windows